水溶性ケイ素とパーキンソン病の関係とは?

パーキンソン病って、ご存じですか?

パーキンソン病は、主に、40代、50代を過ぎてくると、発症する病気です。

この、パーキンソン病で悩む方というのは意外と少なくありません。

若いころは、このような、病気にはかかりにくいのですが、なぜ、年齢を重ねるとパーキンソン病にかかりやすいのか?

今回は、パーキンソン病で悩む方達に、参考になる情報を紹介していきます。

パーキンソン病に効果のある、水溶性ケイ素とは?

パーキンソン病は脳の異常により起こる病気

パーキンソン病は、主に、脳の異常によって、引き起こすものと考えられています。

脳には、それぞれの役割があり、名前も決まっています。

このうち、黒質という部分と、線条体というところに異常があると、パーキンソン病を引き起こしやすいということです。

脳の中には、神経伝達物質という物質があります。

この、神経伝達物質は、人が考え事をしたり、何かの行動を起こすときに働いている物質です。

要は、この物質がなければ、人は何もやらなくなったり、考える力がなくなるということですね。

パーキンソン病は、この、黒質から線条体というところまで上手く信号を送ることができなくなるため、発症する病気です。

すなわち、脳の正常な神経細胞が減ってしまうため、起こるものなんですね。

パーキンソン病にかかると、初期の段階では、手足に震えがきたり、姿勢などにも何らかの変化が起きます。

症状が進むと、最悪の場合は寝たきりになってしまいます。

このため、パーキンソン病に効果のある成分を摂取するなどの対策・予防が必要になります。

水溶性ケイ素で対策

パーキンソン病で苦しむ方の中に、水溶性ケイ素を摂取したら、手足の震えが止まったなどの、声があがっており、現在、水溶性ケイ素は注目の成分となっています。

水溶性ケイ素とパーキンソン病に関しては、まだまだ、どのような関係性があるのか詳しくわかっていない部分が大きいのですが、

水溶性ケイ素には、異常になった神経細胞を正常に戻す働きがあるのではないかと現在、様々な研究が進められています。

水溶性ケイ素でパーキンソン病が治り、旅行にまで行けたという方もいるぐらいです。

パーキンソン病の初期症状が現れたら、水溶性ケイ素を摂取することも対策のひとつになるようです。

ぜひ、参考にしてみてください。

アンチエイジングと水溶性ケイ素の関係は大きかった!その秘密とは?

年齢を重ねてお肌のハリやツヤがなくなってきた・・・

知らない間に、シミやシワができていた・・・

このような悩みを持つ方は非常に多いですね。

年齢を重ねるとどうしても老化により、様々な体の機能が弱くなり、結果的に体の表面にまで出てきてしまうのです。

しかし、アンチエイジングを怠っていては、更に体の老化は進むばかり。

そこで、今回はアンチエイジングに効果がある水溶性ケイ素の紹介をしたいと思います。

水溶性ケイ素とアンチエイジングの秘密とは?

老化が進むと美肌を作るコラーゲンが不足する

アンチエイジングとは、老化に対抗するという意味で付けられたものです。

最近では、美容やダイエットにおいても、アンチエイジングという言葉が繁栄に使われるようになりましたが、
正しいアンチエイジングをしないと、若返るどころか、老化のスピードを速めてしまうことになるのでご注意を。

例えば老化により、体内のコラーゲンが作られる数が少なくなると、どのような影響があると思いますか?

コラーゲンは美容業界においても非常に大事な成分だと言われていますが、コラーゲンが少ないと、お顔のツヤがなくなってしまいますね。

美肌には大切な成分、

それが、コラーゲンなのです。

しかし、年齢を重ねるごとに体内のコラーゲンの数が減ってしまうため、コラーゲンを作る栄養素が必要になってくるのです。

コラーゲンを作る水溶性ケイ素

水溶性ケイ素は、コラーゲンと密接な関係があります。

コラーゲンは人間の体内で作られていくものですが、この新しいコラーゲンを作る際の材料として使われているのが水溶性ケイ素なんです。

また、水溶性ケイ素は、人間の細胞そのものを修復させたり、新しく作る効果も期待できますので、
衰えてきた体を若々しく保つためには欠かせない栄養素となります。

豊富なケイ素により、新しく作られたコラーゲンはお肌を若返らせ、失われていた肌のツヤなどを取り戻せることができるようになるのです。

水溶性ケイ素の場合は、血液サラサラ効果もあるので、血管に溜まって血液の流れを悪くしている、脂肪や悪玉コレステロールなども排除できる効果もあるようです。

血液を通して、体内に栄養素が運ばれていくため、健康にも良い影響があります。

普段のアンチエイジングケアに水溶性ケイ素を取り入れよう

アンチエイジングには、水溶性ケイ素は非常に役に立つ成分・栄養素です。

人はいつかは必ず死んでいきますから、老化というものは止められないですが、老化の進行を極端に遅くすることは可能です。

そのためには、体内をいつまでも若いころの元気な状態にさせておく必要があります。

老化により、今まで体内で普通に作られていた成分が、急激に減ってくるため、この点を改善すれば、老化の進行は遅くできます。

水溶性ケイ素は、この問題を解決できる成分のひとつでもあります。

ぜひ、水溶性ケイ素を使ったアンチエイジングケアをしてみてください。

それには、水溶性ケイ素の入った水を飲みのがベスト。

毎日のことなので、ペットボトルよりもウォターサーバーがおすすめですよ。

シリカウォターサーバーも存在するので、検討してみてはいかがでしょうか?
http://www.bow-berlin.com/

シリカ水でアンチエイジングしていきましょう!

水溶性ケイ素で癌の元となる原因を改善しよう!

水溶性ケイ素には、様々な病気予防・対策に繋がる効果があります。

人間の体を形成している、髪の毛や骨、血管などには、ケイ素が含まれています。

つまりは、ケイ素は人が生きていく中で、欠かせない成分のひとつとなるんです。

ケイ素がなければ、新しい細胞を作れなくなるので、普段からケイ素を摂取している方というのは、
常に体が新しい細胞で覆われており、非常に健康的な状態になっていることが多いです。

また、近年では、この水溶性ケイ素が、癌に対しても効果があることがわかってきました。

人間の体内を蝕んでいく癌。

この、癌に対して効果のある水溶性ケイ素の秘密とは?

生活習慣病の予防に効果のある水溶性ケイ素

水溶性ケイ素は、主に生活習慣病に対して効果があるものとなっています。

例えば、生活習慣病の代表的な病気である、動脈硬化などですね。

血管に不要なものが詰まって血液の流れを著しく悪くさせてしまう病気です。

癌も、このような血管の異常がみられた時などに発症しやすい病気となっています。

また、活性酸素により癌を発症させてしまうことも多いです。

活性酸素の特徴は、体内にある細胞などを酸化させてしまうといった厄介なものとなっています。

酸化してしまうことにより、人間の体は弱り、その結果、免疫力が低下して様々な病気を引き起こしてしまうのです。

癌も、この活性酸素が体内で暴れているために起こる病気のひとつとなっています。

この、活性酸素に対抗してくれるのが、水溶性ケイ素ということになるんですね。

水溶性ケイ素は、体内の活性酸素が及ぼす害を、抑えてくれる効果があるので、体内の細胞などは傷がつかずに元気な状態を保てるということになるのです。

また、癌を引き起こすと言われている、悪玉菌を減らす効果もあり、大腸癌などのリスクも軽減させてくれるといったものになっています。

水溶性ケイ素は病気の予防のために摂取しよう!

水溶性ケイ素は、癌を直接的に治すのではなく、癌を引き起こす原因となる様々な害から、人間の体を守ってくれます。

血管に不要な成分などが溜まり、血液の流れを悪くすることにより、癌を引き起こしてしまうケースもあります。

水溶性ケイ素は、この、血液の流れを良くする効果もありますので、ドロドロの血液の方にもおすすめの成分となっています。

癌になる元を退治する。

それが、水溶性ケイ素の役目です。

ぜひ、参考にしてみてください。

水溶性ケイ素でコラーゲンを作り元気な骨を取り戻そう!

骨粗しょう症と診断された人は、骨が通常より弱くなっているため、少し転んだだけで、骨折などの重大なケガを引き起こしてしまいます。

また、骨折した後も、回復力が通常の方より、遅くなるため、再び骨がくっつくまでは相当な時間を要します。

骨粗しょう症は、主に高齢者に多い病気ですが、若いうちから骨に栄養を与えて、強い骨を作るなどしておく予防が大事となります。

骨粗しょう症で骨折した方の中には、その後、骨がくっつかずに、寝たきりになってしまったという例もあると言います。

年齢を重ねてから、骨粗しょう症になってからでは治療も大変になるので、骨粗しょう症のことをよく理解して、骨が元気である今のうちから、
骨粗しょう症についての予防・対策をしておきましょう。

また、現在、骨粗しょう症でお悩みの方にも、おすすめの成分・栄養素である、水溶性ケイ素について紹介してみたいと思います。

骨粗しょう症の原因はコラーゲン不足かも?

骨粗しょう症なる原因は、骨がスカスカになることです。

要は、骨に穴が開いてしまうことですね。

原因は、色々ありますが、骨粗しょう症に一番なりやすいのが、閉経後の女性だと言います。

これは、生理を終えた女性は、ホルモンバランスが変化して、骨密度が大きく減るために、骨の強さにもろさが見られてくる現象です。

もちろん、男性もなる病気なのですが、基本的には高齢の女性に多くみられるということであります。

どちらにしても、男性・女性ともに、高齢を迎えるあたりから、骨粗しょう症になりやすいのは、コラーゲンが減少してきているからなんです。

実は、骨を形成している半分は、コラーゲンでできています。

後の半分は皆さんもよくご存じのカルシウムなどですね。

コラーゲンは、通常、体内で勝手に作ってくれますが、年齢を重ねてくると、そのコラーゲンを作る力が衰えてきます。

この為、体外からコラーゲンを作る成分・栄養素を取り込む必要があるのですが、それが水溶性ケイ素となります。

水溶性ケイ素で骨を作る成分を増やす

水溶性ケイ素は、骨そのものに効果があるわけではありません。

骨を形成している成分であるコラーゲンを体内で増やしてくれる働きをしています。

体内でコラーゲン作りにくくなったから、助けにきてくれよという形の、お助けマン的な存在であるのです。

水溶性ケイ素を体内に取り込んだことによって、元気なコラーゲンが生まれ、丈夫な骨を作ってくれます。

陰で、骨粗しょう症の予防のお手伝いをする。

それが、水溶性ケイ素なのです。

普段の食事&サプリメントなどでケイ素を摂取してみよう

今回は、水溶性ケイ素と骨粗しょう症について紹介してみました。

骨粗しょう症が、起きる原因は、体内の骨を作るコラーゲン不足によるところが多いです。

その為、コラーゲンを体内で作る働きをする、水溶性ケイ素を摂取することをおすすめします。

ケイ素を多く含む食べ物は、穀物が多いですがは、ジャガイモにも豊富に含まれています。

また、最近では水溶性ケイ素を配合したサプリメントなども人気なので、元気な骨を作る為に、水溶性ケイ素を摂取しましょう!

水溶性ケイ素で糖尿病予防をしよう!

糖尿病になる原因には様々な理由が考えられます。

一般的には、食生活や運動不足などが原因でなるものですが、この、糖尿病の悪いところは、初期症状が見られた時には、かなり症状が進んでいってしまっているというところです。

糖尿病は、自覚症状がないため、かかっていても気付かない場合が多いです。

しかし、進行が進んでくると、

●のどが異常に乾く

●トイレが近い

●疲れやすくなる

などの、症状が現れてきます。

このような症状が出てから病院にいっても、かなり進行していると先生には言われてしまうでしょう。

そうなると、治療も大変時間がかかり、最悪の場合は、様々な病気を併発してしまう可能性もあるのです。

そうならないために、予防・対策をしっかりとしておく必要があります。

糖尿病に効果のあると言われている水溶性ケイ素も含めて、糖尿病に役立つ知識を、今回は紹介します。

■血糖値が上がると危ない糖尿病

糖尿病になる一番の原因は、糖尿病になるための生活をしていることです。

●脂っこいものばかり食べている

●暴飲暴食

●運動不足

●日々のストレス

●甘いものが大好き

代表的な原因の中でも、これだけあがってきます。

細かいものと合わせるともっと多くなるでしょう。

糖尿病は血糖値が高いと起こる病気です。

暴飲暴食や脂肪分が豊富なお肉ばかり食べていると、血糖値がグンと上がります。

この時、上がった血糖値を正常値に戻そうとインスリンという成分が出動するのですが、食べ過ぎにより異常に上がった血糖値を大変困難。

インスリンも最初は奮闘するのですが、毎日、食べ過ぎなどで、通常よりも血糖値が上がりすぎているため、インスリンもお手上げ状態となってしまうのです。

これが、原因で糖尿病を引き起こします。

すなわち、糖尿病を予防するには、この血糖値を上昇させないことなのです。

そこで、水溶性ケイ素の出番です。

■水溶性ケイ素で毒素を体外へ

水溶性ケイ素には、異常に上がった血糖値を間接的に下げてくれる作用があります。

まず、体内に溜まった余分な中性脂肪やコレステロールなどを除去する働きをします。

この時、血管に詰まった悪玉コレステロールも一緒に排除するため、血液もサラサラにする効果があります。

血液がサラサラになると、体に必要な栄養素が十分に行き渡るので、様々な体の異常を改善する効果が期待できるのです。

水溶性ケイ素は、体中の毒素を体外に排出する働きを持っていると言われているので、毒素を体内から追い出すことにより、間接的に糖尿病の予防もしていることになるんです。

体が正常に戻れば弱ったインスリンも元気になり、血糖値を下げるお仕事を開始するようになります。

水溶性ケイ素の働きは凄いですね。

■水溶性ケイ素で常に綺麗な体を

水溶性ケイ素には、糖尿病そのものを治す力はないですが、糖尿病の元となる悪い物質を体外に追い出してくれます。

その為、水溶性ケイ素を摂取して、毎日を綺麗な体で過ごしましょう。

ケイ素は、ミネラルが豊富なので、体内の細胞をピカピカに新しくしてくれる働きも間接的にですがあります。

ぜひ、参考にしてみてください。

水溶性ケイ素で難病・アルツハイマー病を予防しよう!

アルツハイマー病で悩む方というのは少なくありません。

また、アルツハイマー病の厄介なところというのは、改善が非常に難しいとされているところ。

現代の医療を持ってしても、治療が難しいとされるアルツハイマー病ですが、ケイ素を摂取したことにより、アルツハイマー病を克服したという方がいます。

プロの医師でも改善が難しいアルツハイマー病を治したケイ素はどのような効果があるのでしょうか?

紹介してみましょう。

アルツハイマー病にかかる原因はまだ完全には解明されていない

アルツハイマー病とは、記憶力の低下や、思考能力が低下する病気のことですが、これは、一般的には、若い間はならずに、年齢を重ねた高齢期に起こる病気です。

進行が進むと最終的には自分の周りの人間も誰なのかがわからなくなってきます。

認知症の一種ですね。

アルツハイマー病になる原因はまだ解明されていないのですが、脳に何かしらの異常があるということで研究者たちの間では、遺伝子などとの関連性を調べています。

そのうち、ある一つの遺伝子が、アルツハイマー病のリスクを高めるものだということで注目されています。

完全に解明できるまでは、まだ、時間がかかりそうですが、原因がわかれば治療法も見つかる可能性があるため、現在、注目されている研究のうちのひとつとなっています。

神経や細胞を間接的に新しく作る水溶性ケイ素

上記のように、原因が解明されていないアルツハイマー病ですが、ひとつだけ確かなのは、脳に異常があるということです。

脳神経の小器官であるミトコンドリアというものが、何かしらの異常により、機能を停止させてしまい、
正常に脳への伝達信号が送られなくなることにより、アルツハイマー病を引き起こしてしまうと考えられています。

この、正常に機能しなくなったミトコンドリアを再生、修復させる効果が期待できるのが、水溶性ケイ素なんです。

水溶性ケイ素は、血液の流れを良くすることにより、体内に十分に必要な栄養素を運ぶ役割を持つなど、現在、注目されている栄養素のひとつであります。

神経や細胞などを新しく作る働きも間接的に持ち合わせているので、正常に機能しなくなった、ミトコンドリアなどの脳細胞を修復させる可能性がある栄養素です。

しかし、水溶性ケイ素には、アルツハイマー病を完全に治す力はないということなので、
予防の為に飲むなど、アルツハイマー病にかかる前に摂取しておきたい栄養素のひとつとなります。

完治は難しいが水溶性ケイ素で予防はできる

アルツハイマー病の原因と水溶性ケイ素の効果について紹介してみましたが、まだまだアルツハイマー病は、完治させるというのは難しい問題でもあります。

しかし、現在わかっている、ミトコンドリアの異常により、脳が正常に機能しなくなった為、
アルツハイマー病にかかるといった報告は今後の治療にも期待が持てることにもなるのです。

実際、ミトコンドリアを修復させる効果のある水溶性ケイ素を、摂取したことにより、アルツハイマー病を改善できたという方もいるぐらいです。

しかし、上記でも紹介したように、水溶性ケイ素自体には、アルツハイマー病を治す力はないので、
普段から定期的に水溶性ケイ素を摂取して、アルツハイマー予防をしておきましょう。

予防するだけでも、病気にかかるリスクは減ります。